SUZUKI GSX-R600
 GSX-R600って意外と走り易いかも
GSXとしても600としても初となるSUZUKI「GSX-R600」を横浜陸運支局へと持ち込みましたので、陸事内ではありますが・・・うーーーん?思っていた以上に乗り易いです。
ここはひとつ経験豊富なオーナーさんの試走感想を楽しみに待つ事とししましょう。
YAMAHA TRICKER
 トリッカーにSP忠男POWERBOXウイスパーを装着!
??? トリッカー用にPOWERBOXウイスパーって設定ありましたか?
実はセロー250用らしいのですが、排気騒音並びに排ガスを検査してみたところ、それぞれ法に定められている数値を下回っておりましたので問題はないかなと思います。
YAMAHA YZ125
 入荷してきたYZ125を早速自ら整備だね
お昼から整備し始めて、丸一日お店でこつこつとやっていました。
グリスアップは勿論としてガード類を装着してデカール張って、ワークスさながらです。
そこに我が息子も加わって、’16’17新旧2台のYZ125が。
Husqvarna・YAMAHA・HONDA・SHERCO・KTM
 JEC2017モデル大試乗会 in 成田MXパークにて
 JEC2017モデル大試乗会:ヘルメットカメラ動画変
各モデルの試走感想と言うものは人それぞれ。
その人の経験や技量によっても異なるでしょうし、今迄乗ってきた車両にもよるでしょうし何を求めているかと言う点でも違いが出てきますよね。
YAMAHA YZ250FX
 当時のキッズがYZ250FXに乗るように・・・
小学生の頃から見知っている彼も、今や高校生。
KTMの50SX/65SX/85SXときてYZ250FXに乗る事になり、新たな友となったYZ250FXを丹念に整備していました。
KTM 2017OFFROADMODEL
 2017年KTMオフロードモデルディラー試乗会①
 2017年KTMオフロードモデルディラー試乗会②
KTM2017年オフロードモデルを試乗しに、千葉県の成田モトクロスパークへ行ってきました。
なのですが雷雨・豪雨で試乗どころではありません。・・・だからこそKTMの試乗に機会としてはベストコンディションと言えるのかも知れませんけれど実際は・・・
Kawasaki Ninja ZX-14R ABS HighGrade
 Kawasaki祭り・・・締めはNinja ZX-14R ABS HighGrade 
確かに必要充分以上の性能を有していますし、その車格を持て余す可能性も少なからず・・・大丈夫ですって、直ぐ慣れますよ。
きっと貴方のベストパートナーとなってくれると思います。
Kawasaki Ninja 1000ABS
 続Kawasaki祭り・・・Ninja 1000ABS
オーナーさん曰く[凄く乗り易くて快適そのもの][何処まででも行けそうです]との事。
大柄な体格ではない方なのですが[足つき性も問題ないし思いの外軽くて最高]と言っていただけております。
Kawasaki Ninja H2
 Kawasaki祭り・・・筆頭はNinja H2
正直、いきなりの全バラ作業は避けられるものなら避けたかったですね。
2人がかりで最大限の集中力を持って細心の注意を払っての作業となりました。
そして、接触しそうな処はセーム皮(タオル)で覆い、ゆっくりと走って新規検査を。
Kawasaki Ninja ZX-14R/Ninja 1000/Ninja H2
 Kawasaki祭り・・・”Z”の次は当然”Ninja”
これだけ揃うと迫力がある、お店が小さいものですから歩く間もないって感じですね。
ブログネタを意識して半ば強引に、たまたま3台以上連続するとブームって事にしていたり。
1台づつじゃなくワンカットに3台なので真実味があるでしょ。
KTM FREERIDE250R/125EXC
 YAMAHAブームの後はKTMブーム到来!
販売にしても修理にしても流れと言うのか、何故かブームが起こるのですよ。
販売の場合にはカテゴリーであるとかメーカーが続くのですが、今回はその両方のブームが来ているようです=KTM オフロードモデル。
YAMAHA WR250R
 YAMAHAオフロード強化月間?締めはWR250R
昨年のYZ250FXから始まってTRICKERそしてYZ125更にWR250Rへと、意図している訳じゃありませんがYAMAHAオフロードモデル強化月間(月間と言うには長いスパンですけど)の様相を呈しているじゃありませんか。
YAMAHA TRICKER
 D-TRACKER250からTRICKERへ・・・
D-TRACKER250、実によく働いてくれましたよね。
8年間で100,539kmノントラブル、毎日の通勤の足として積み重ねた走行距離。
似て非なりっていうか似てないトリッカーですが、仲良くしてあげて下さい(目指せ10万km)。
Kawasaki Z1000
 ’16 Z1000と’12 Z1000
同じようで違う、異なるようで似ている2台。
どちらのデザインが好みかは人それぞれだと思いますが、’16のZ1000の方がより洗練されているというのかスタイリッシュにシャープに感じますよね。
KTM 690DUKE R
 報道にいざなわれるように箱根へ行ってきましたよ
そう、この日のお供は「KTM:690DUKE R」。
数あるBCの試乗車の中から今回は690DUKE Rに出動要請、当たり前ですがエンジン一発始動で快く引き受けてくれました。
HONDA CROSS CUB
 クロスカブって通勤用に買ったんじゃないの?
通勤用として購入した筈のクロスカブ(CROSS CUB)。
[ちょっと寄り道してから帰りますね]とは言ってはいましたけど、林道に砂浜って・・・
幾ら暇がなくてOFF走りに行けないからって、いきなり新車のクロスカブでねー。
KTM 1290SUPERDUKE R
 KTM:1290SUPERDUKE Rエンジンスライダー
これも最近目にする形状ですよね。
一昔前のバイクですと、クラッチカバー/ジェネレータカバーともに肉厚で破損する事は少なかったんですけど、最近のバイクは軽量化って事もあり当たり所が悪いと簡単にクラッシュ。
KTM 1290SUPERDUKE R
 KTM:1290SUPERDUKE Rフレームスライダー
DUKEシリーズに用意されているエンジンを覆う様なパイプタイプのガードの方が転倒時に於ける保護性は優れているのでしょうけど、ちょっとばかしごっつくて存在感が有り過ぎるので個人的にはシンプルな形状の方が好みです。
KTM 1190ADVENTURE
 そして1190ADVENTURE試乗車導入となる訳です
決して軽量コンパクトとは言いませんが、同クラスの他モデルと比較するならば軽いのは事実ですし、その車格以上の運動性と安定性がありますので、身構える事無くリラックスして乗ってさえ貰えれば楽しく走って頂けると思いますよ。
KTM ADVENTUREシリーズ
 KTM 1050,1190,1290 各々のADVENTUREその意味は PartⅡ
PartⅠではKTM正規代理店向け試乗会の雰囲気と概要をお届けしましたが、PartⅡでは各々のモデルに関して少しだけ掘り下げて説明してみようと思います。
(正直、まだ掌握出来ている訳ではないので少しだけ)
KTM ADVENTUREシリーズ
 KTM 1050,1190,1290 各々のADVENTUREその意味は PartⅠ
KTM 690DUKE R
 更にKTM:690DUKE Rまでも試乗車に
KTM 1290SUPERDUKE R
 KTM:1290SUPERDUKE Rのシフトレバーって
KTM 690DUKE
 桜にはまだ早いので梅など探して690DUKEでふらふらと
  Kawasaki Z800
 2015年モデルZ800入荷!
  KTM 1290SUPERDUKE R
 KTM 1290SUPERDUKE R専用?工具
  Kawasaki Ninja1000ABS
 Kawasaki:2015 Ninja1000ABS
  KTM 1290SUPERDUKE R
 KTM 1290SUPERDUKE R 漸く入荷しました